diyウッドデッキのTOPに戻る |  ハード/ウリン ハード/ウリン2 ハード/ウリン3 ハード/ウリン4 ハード/ウリン5 ハード/ウリン6 ハード/ウリン7 ハード/ウリン8 ハード/ウリン9 ハード/ウリン10 ハード/アマゾンジャラ(調整束付き) | ハード/アマゾンジャラ2 | ハード/アマゾンジャラ3 | ハード/アマゾンジャラ4 | ハード/アマゾンジャラ5 | ハード/アマゾンジャラ6 | ハード/アマゾンジャラ7 | ハード/アマゾンジャラ8 | ハード/アマゾンジャラ9 | ハード/アマゾンジャラ10 | ハード/アマゾンジャラ11 | ハード/アマゾンジャラ12 | ハード/アマゾンジャラ13 | ラクーナ(調整束付き) | キットデッキ コンセ |   ラフ | ミニ  
diyウッドデッキのTOPに戻る | 

ウッドデッキ 製作体験談、評判

ハードウッド(広葉樹)のウリンを利用したウッドデッキを自分でDIYで作った人たちの話です

施工写真の右文字をクリックするとオリジナルの体験談ページに移動します。

購入者の体験談、感想、評判はすべて原文のままです。50人づつ


ウッドデッキキット(ウリン)組立例
今回プロにしか売らないというのを承知で買いましたがほんとに難しかった。ウリンでなおさら。 でもなんとか完成。
キッデッキハード/ウリン H117
♦購入者の設置場所/ 3日間<
♦製作組立時間/ 大阪府 Sさん宅
おかげさまで7月29~31日でデッキは完成しました。この暑さの中じゃバテると思い月曜も休みをとっていて大正解でした。では今回ウリンデッキを造り、気づいた点・感じた点を書きます。1.やはりウリンは硬い・重いが最初の感想。 2.今回インパクトドライバーはこのために新品を買いました(12800円・外国製・充電パック2個付き) がやはり充電パックは2個が重宝しました。1個では1日分は無理です。ウリンは硬いので電池が減るのが早い。何度も充電待ちが生じるとおもいます。3.道穴をあける際、ウリン-桧は3.5㎜のドリルで良いですが、ウリン-ウリンの場合ビスが途中で止まり、ビスのビット穴がつぶれひどい目にあいました。4㎜のドリルを持ってきて頂き道穴とビスの皿穴を別々にあけて、なんとか固定できました。 「ウリン-ウリンをドリルで穴あけしてるとドリルの溝にウリンが詰まり、進まなくなり煙が出てきます。 しょっちゅう溝のウリンを掃除しないといけません」ですが4㎜のドリルをウリン-桧に使ってはいけません。 道穴が太すぎるのか、あっという間にビスが入り、固定があまいのではと思う箇所がありました。4.ビスのビット穴がつぶれやすいのでは?「インパクトの構えが悪いとテキメンで<
す。あくまでも素人の立場ですが」5.今回床はキットなので切断は工場でしたが、追加のクロス手摺とステップはユーザーでとゆうことで挑戦しましたが手ノコじゃとてもじゃありません。2回手摺の笠木を切った時点で断念。しんどいし、切り口はガッカリ、素人じゃ 丸ノコも危ないし、私は寸法を取って工場へ伺ったけれど他にいい方法はないのでしょうか?6.クロス手摺は難しい。今回プロにしか売らないというのを承知で買いましたがほんとに難しかった。ウリンでなおさら。 でもなんとか完成。後悔はしてません。 長々とすみません。今後の製品の向上にと思い送ります。では失礼します。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
しっかりしたものができ、部材も高級感があり、大変満足しております。
キッデッキハード/ウリン H118
♦購入者の設置場所/ 埼玉県 Aさん宅
♦製作組立時間/ 1日半 
端材を受け取り修理しました。いろいろありがとうございました。 しっかりしたものができ、部材も高級感があり、大変満足しております。 雨の中断等もありましたが、実質1日半で完成しました。なお、手摺は市販品のラティスを白く塗り、取り外しできるようにしてあります。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
文章なし
キッデッキハード/ウリン H119 "No. H119
♦購入者の設置場所/大阪府
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
文章なし
キッデッキハード/ウリン H120 "No. H120
♦購入者の設置場所/大阪府
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
自分の施工のまずさは別にして、製品及び出来上がりにはたいへん満足
キッデッキハード/ウリン H121 "No. H121
♦購入者の設置場所/京都府 Kさん宅
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。
テスト用の木材で穴あけとビス止めの練習をしました。穴あけは相当に堅くなかなか開かなくて、やっとあけてビスを入れようとしましたがこれも完全に入りきらず頭が出た状態でつぶれてしまいました。最初は何も考えてなくて家にあるドリルを使ったのですが、よく考えるとパワー不足ということがわかりました。家のドリルは最大トルクが6.4Nmでしたが、ホームセンターで借りてきたものは78.4Nmでかなり違いましたが、これくらいのトルクがないと無理だと思いました。ドリルを替えると上手くできるようになり、だんだん感覚もわかってきました。ただどうしてもネジの頭が出るのを避けるために深く穴をあけてしまいがちになってしまいます。試してみて感覚を覚えるしかないのでしょうが、なかなかちょうどにするのが難しかったです。あとは特に難しいところもなく普通にできたと思います。うまくできない部分は私が不器用なためということだと思います。材料のほうは、床板が一枚少し反っていたように思いますが全然問題はなかったです。穴をあけるのもかなり堅いところや比較的柔らかいところやいろいろありましたが、何とかできました。本番では、錐が折れたり、ネジ山がつぶれるようなことは一度もありませんでした。あと材料がなかなか重いので、ちょうど帰省していた息子と娘にも手伝わせて作りました。特に前の鼻隠しを取り付けるときは人手がいりました。いちおう5日には完成しましたが、これだったら一般向けにも十分わかりやすく作ることができると思います。ただ私はマニュアルを丁寧に読まないタイプの人間なので失敗が多く、鼻隠しのネジの位置を間違えてしまいました。自分の施工のまずさは別にして、製品及び出来上がりにはたいへん満足しています。本当にハードウッドデッキにしてよかったと思います。